足底筋膜炎・足手腱膜炎にサポーターやテーピング、インソールは有効なのか?

2023年12月25日

こんにちは!新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループ 柔道整復師の佐々木です!

今回は足底筋膜炎に対してサポーターやテーピングの有用性についてお話していきます。

 

〇足底筋膜炎に対してサポーターは有効か

そもそも足底筋膜炎とは足のアーチ構造を支える足底筋膜が炎症を起こし痛みが出ている状態になります。つまり足のアーチが低く、足部に負担がかかりやすい人の方が発症しやすい疾患になります。なのでサポーターを選ぶ際には足底のアーチを作ってくれるようなものを選びましょう。

サポーターはスポーツ中など身体を動かすときに大きな力を発揮します。ただ普段なれない感覚もあると思いますので、痛みが強い場合など気になる時につけるようにしましょう。



〇足底筋膜炎に対してテーピングは有効か

前述にもある通り足底筋膜炎は足底のアーチがない人になりやすいとされています。

テーピングでアーチを作ることでクッション機能をサポートする効果が期待できます。

テーピングもスポーツ中に有効な手段ではありますが、皮膚が弱い人はかぶれやすいので注意が必要です。使用は運動中にみに限定して使用しましょう!



〇足底筋膜炎に対してインソールは有効か

足底筋膜炎に対してインソールは有効です。ただインソールは自分に合ったインソールを使わないと身体のバランスが崩れ運動中に違和感を感じたり、その他のスポーツ障害を引き起こしてしまうことがあります。なので選ぶ際はオーダーメイドで作るなど、自分に合ったものを使うようにしましょう。

また、運動中に使用する靴も自分にあったものを使用しましょう!サイズが合わない靴やクッション性の低い靴などを使用していると捻挫や転倒の可能性が増加し、足にかかる負担も増加します。



〇最後に

サポーターやテーピング、インソールは確かに足のアーチを作り足底筋膜炎・足底腱膜炎の症状を緩和してくれますが、症状が根本的に改善したわけではありません!

足底筋膜炎・足底腱膜炎は症状を引き起こしている足底の筋肉にかかってる負担や炎症を取り除かないと再発してしまいます。

新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループの接骨院では、症状を根本的に改善するための施術を行っております。

足底筋膜炎・足底腱膜炎の症状でお困りの方はお気軽にご相談ください!



〇足底筋膜炎・足底腱膜炎の関連ブログはこちら!

・足底筋膜炎、足底腱膜炎とは?症状は?

・足底筋膜炎、足底腱膜炎の治し方、靴や偏平足との関係

 

 

〇各院へのお問い合わせはこちらから!

【 中之口いのまた接骨院 】

〒950-1341

新潟県新潟市西蒲区4702番地

HPはこちら!

TEL:025-375-2231

公式LINEはこちら!

営業時間

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

定休日:毎月第二日曜日

【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】

〒950-0971

新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6

HPはこちら!

TEL:025-283-0100

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】

〒950-2024

新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25

HPはこちら!

TEL:025-234-0123

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事