ジャンパー膝

このようなお悩みはありませんか?
  1. 膝のお皿の下に痛みがある
  2. お皿の下を押したり当たったりすると痛みがある
  3. ジャンプや着地した時に膝の下が痛い
  4. しゃがんだり階段の登り降りが痛い
  5. 運動中や運動後に膝に痛みがある

ジャンパー膝とは?

名前の通り、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプ動作や着地を頻繁に繰り返したり、サッカーのキック、シュート動作やダッシュなどの動きを繰り返したりするスポーツに多くみられる膝のスポーツ障害です。
その結果膝へ負担が掛かり、膝のお皿のすぐ下部分の『膝蓋靱帯』が傷んできます。 この『膝蓋靱帯』がジャンパー膝の痛みの正体です!
症状としては、膝のお皿の上や下(膝蓋腱)が腿の筋肉の引っ張りにより少しずつ隆起し患部を押すと痛みがあったり、赤く腫れたり、熱を持つことがあります。

ジャンパー膝の原因とは?

原因として大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)の柔軟性低下が1つ挙げられます。特に成長期のお子さんは、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず筋肉が硬い状態になってしまいます。
そのように硬くなった筋肉の状態でスポーツを行えば、大腿四頭筋が膝蓋靭帯をくり返し引っぱり(負荷)を加える事で、筋肉が炎症を起こし痛みが起きます。常に痛みをごまかしながら生活していれば、当然症状は悪化していきます!
よく成長痛などと言われ、安静にするしかない、運動を中止すれば治ると耳にします。たしかに痛みは落ち着きますが、またスポーツをすれば痛みは繰り返してしまうのです。
しかしキチンと治療を行うことで症状は改善するのです!

ジャンパー膝に対する3つのアプローチ

セルフケア

セルフケアは費用や時間を抑えられる反面、症状の程度が曖昧な判断になってしまいます。 患者様の症状の状態によっては専門家による判断が必要になる場合が多いため一度、受診していただく事をおすすめします。

接骨院

投薬治療や画像診断等を行ってもなかなか改善せず、日常生活に不安を感じているという方にとっておすすめなのが接骨院での施術です。
接骨院での施術では電療機器を用いて早期回復を図り、筋肉・関節の柔軟性の確保をするための手技や鍼灸施術、日常的な姿勢など骨格・骨盤へのアプローチを行うことも接骨院の施術の大きな特徴です。めまいを取るだけではなく、めまいの出づらい身体作りをしましょう。
接骨院で治療を行う際の留意点として施術の内容や利用している電療機器などが接骨院ごとでバラバラであることが挙げられます。どの整骨院に通うのか?が大事になります。
いのラボグループでのめまいに対する施術は次項でまとめてあります。

病院

歩けない様なめまい、吐き気がする、自分が立っているのか寝ているのか分からない等、この様なめまいの場合は、まずは一度診察・検査を受けることをおすすめします。

マッサージと接骨院の違い

マッサージ

・無資格または民間資格のスタッフが行っている事が多く、整骨院に比べると価格がリーズナブルになっている事が多い。


・構造学・解剖学的な知識が豊富なわけではないので、骨格部分へのアプローチをできるマッサージ店は少なく、あくまで筋肉へのアプローチが中心になる。


・骨格が歪んだままの状態で定着している為、一定時間立つと骨格に引っ張られる形で筋肉が凝り固まり、痛みが再発する。

接骨院

・国家資格を持った施術者が在籍しているので解剖学的知識があり根本的な原因に対してもアプローチすることができる。


・根本的な原因にアプローチしていくので肩こりなどその他の症状を含めて、症状の再発が発生しにくい状態を作る事ができる。


・骨盤矯正だけ・整体施術だけをメインにしている整骨院もあるので必ずしも筋肉と骨格の両方にアプローチしているわけではない(店舗選びが重要)

いのラボグループのジャンパー膝に対する施術法

スポーツ障害治療

カウンセリングと検査によって特定した原因に正確にアプローチします。集中的に治療をすることで休まなければいけない期間を最小限に抑えます。程度によっては休む必要はありません。さらにいのラボグループではセルフケアを指導しているので、正しく正確にお家で行ってもらう事で治療効果を非常に高くすると同時に再発予防にもなります。いのラボグループのスポーツ障害特別治療は早期の競技復帰を目標としその後のケアまでしっかりサポートします

いのラボグループのスポーツ障害治療の特徴!

  1. ストレッチ→しません
  2. テーピング→しません
  3. サポーター→しません
  4. スポーツ→禁止しません
  5. 期間→明確
  6. セルフケア→しっかりできる様になっていただきます!

他の整体や治療院と症状に対する考え方、施術方法が全く異なるため、平均2回〜3回で改善が見込めます。

他の整体や治療院で施術後、良くならなかったり、痛みがぶり返す方は是非、ご相談ください。

痛みが出でもすぐに痛みが取れる様な、簡単なセルフケアをお伝えします。

ジャンパー膝に対するスポーツ障害治療の流れ

カウンセリング

いつから痛みがあるのか、どの動きが痛いのかなど痛くなってからの状態をお聞きします。

また、今頑張っているスポーツがあれば競技特性などもお聞きします。

目標となる試合なども教えていただきそこに間に合うようなプランを提案させていただきます。

触診

他のスポーツ障害を併発していないかチェックします。

触って確認することで熱感や腫れ感などを確認し、痛めているところをピンポイントで見つけます。

動作チェック

しゃがむ、ジャンプなどの動きをチェックして痛みがあるのか、どの程度できるのかチェックします。

この際に、股関節や足関節の柔軟性もチェックします。

説明

カウンセリングや検査の情報を元に痛めている部分の状態がどうなっているか模型などを用いて詳しくわかりやすく説明します。

施術

当院では、2から3種類の独自の手技と運動療法を用いることにより、患部に直接アプローチするとともに脳や神経が覚えてしまっている痛みや違和感にも効果を出して行きます。

また、自宅でできるセルフケアをお伝えしますので院内での施術と並行して行うことにより、安全かつ最短、確実な治癒を目指します。

生活指導

通院ペースは基本的に1週間に1回です。大会が近いなど早期回復が必要な人には目標に間に合うように通院ペースを決めて来院していただきます。

良くある

遠くに住んでいるため、毎日通えませんが大丈夫ですが?
初回での施術で痛みは軽くなります。また、完全に痛みがなくなることも多々あります。基本的には1週間に1回来ていただき、痛みがかなり少ないまたは全く無くなったら施術は終わりです。平均で3〜5回で施術は終わりますので遠くにお住まいの方の安心して通うことができます。
症状はどの程度で受診した方がいいですか?
症状が出始めたら早めにご相談ください。家族、指導者が思っている以上に子供たちは内緒で痛みを抱えている場合もありますのでご注意ください。
子供が痛みを隠す事がありますがどうしたらいいでしょうか?
整形外科など、病院や接骨院では痛みの相談が出来ることを教えてあげましょう!スポーツをしている子供の場合には、練習を休んだらスタメンを外されてしまうかもしれない、休んだら怒られてしまうかもしれない、大会が近いから休めないなど沢山の要因があります。普段からコミュニケーションを取り子ども達が安心して相談できる環境作りを心がける事が一番だと思います。
放置すると歩けない程、悪化しますか?
悪化する場合もあります。スポーツなどによって監督・コーチに中々言い出しづらく練習を休むことができずに悪化する事も多くありますが、数週間〜半年、1年程度でそのまま良くなる事もあります。しっかり治したい、大会などが近い、早くスポーツに復帰したい場合は当院へご相談ください。
他の医療機関で休めば良くなるなどと言われましたが良くなりますか?
良くなる場合はあります。湿布や鎮痛剤、スポーツ活動を休むことにより患部への負担がかかりにくくなる為、一時的に痛みが無くなった様に感じ、そのまま痛みがなくなる場合もあります。運動されている場合はほとんどが根本的に改善されていない為、スポーツを再開すると再発してしまい当院へ来院されているように感じます。
自然と良くなりますか?
良くなる場合はあります。痛みが強かったり膝を曲げられない程痛い場合は当院へご相談ください。
スポーツをしながら施術の通院は出来ますか?
はい、可能です。当院はできる限り運動を継続しながら通院可能な方法で施術を行います。それにより、治りが遅くなるという事はありません。
接骨院という事は、保険は使えますか?
あらかじめ決められた保険内の一般的な施術では、あまり回復は見込めません。当院では、自費になりますがスポーツ障害の特別治療をさせていただいております。
サポーターをしていればよくなりますか?
あまり改善は見込めません。痛みの軽減に効果がある場合もありますが、痛みが減る事はあっても根本的な改善にならない場合がほとんどです。
テーピングは効果ありますか?
一般的な痛みの緩和を見込める可能性はあります。症状そのものの改善には繋がりません。また、肌が弱いかぶれやすいなどの症状が出やすい方にはあまりお勧めできません。*当院の施術方針としてテーピングを頻繁に使う様な施術は行いません。ですので皮膚の弱い方にも安心して受けていただける施術になっております。

まとめ

ジャンパー膝は、よく成長痛などと言われ、安静にするしかない、運動を中止すれば治ると耳にします。たしかに痛みは落ち着きますが、またスポーツをすれば痛みは繰り返してしまうのです。
しかしキチンと治療を行うことで症状は改善するのです。
ジャンパー膝でお困りの際はぜひ一度、いのラボグループにお越しくださ

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄