セーバー病の治し方・偏平足との関係性

2023年12月28日

こんにちは!新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループ 柔道整復師の川本です!

 

今回はセーバー病の治し方、偏平足との関係性についてお話ししていきます!



○セーバー病の治し方

セーバー病は、運動を休止して患部を完成に保つことで痛みが引いてくることがありますが、そのまま放っておいてしまうと運動を再開した際に痛みが再発するケースがとても多いです!

また、骨端症は成長期が終わると同時に痛みも感じなくなりますが、スポーツ中やスポーツ後、朝起きた時などの痛みが強い場合、痛みを庇う歩き方(つま先歩き)になることが多く、この不安定な歩き方や走り方などが他のスポーツ障害を引き起こすことも少なくありません!

新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループでは、セーバー病の症状を早く改善するため、当院独自のスポーツ治療を行っております。負傷状況をしっかりと聞き取り、患部をしっかりと確認しながら適切な処置を行っていきます。

また、ご自宅で簡単にできるセルフケアをお伝えするので、万が一症状が悪化した場合も早期に対処することができます!



○セーバー病のストレッチ、リハビリ方法とは

原因となっているふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)や足底筋膜のストレッチを行いましょう!

また、スポーツ等での身体の使い方が原因で怪我をしやすい方も少なくありません。

不安定な姿勢での運動は関節や筋肉に必要以上の負担をかけ、通常よりも柔軟性が低く、疲れやすくてケガをしやすい身体になってしまいます!

当グループはジムも併設・連携されているため、フォームの改善等身体の使い方を身につけていくことも可能です!フォーム改善を行い、身体の正しい使い方を身につけることにより、怪我の予防やスポーツのパフォーマンスアップに繋がります。



○セーバー病と扁平足との関係について

扁平足とは、足のアーチが低下し、土踏まずと呼ばれるすき間が無いような足のことをいいます。

土踏まずは、クッションのような働きをしているため、地面からの負荷を吸収してくれるのですが、アーチが低下しこのクッションの機能が低下することにより、足全体(特に足関節や足部の筋肉)にかかる負担が増加し、ケガのリスクが増加してしまいます。

足のストレッチやケアを行うことは、怪我の予防に直結しているのです。

 

当院ではセーバー病や偏平足に対して、ご自宅で簡単にできるセルフケアなど症状の改善・けが予防につながる施術を行っております!

お困りの方はお気軽にご相談下さい!

 

 

〇セーバー病の関連ブログはこちら!

・セーバー病とは?原因、症状は?

・セーバー病にサポーターやテーピング、インソールは有効なのか?

 

 

〇各院へのお問い合わせはこちらから!

【 中之口いのまた接骨院 】

〒950-1341

新潟県新潟市西蒲区4702番地

HPはこちら!

TEL:025-375-2231

公式LINEはこちら!

営業時間

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

定休日:毎月第二日曜日

【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】

〒950-0971

新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6

HPはこちら!

TEL:025-283-0100

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】

〒950-2024

新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25

HPはこちら!

TEL:025-234-0123

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事