外脛骨・有痛性外脛骨の手術の適応と保存的な治し方

2023年12月25日

こんにちは!新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループ 柔道整復師の佐々木です! 今回は有痛性外脛骨の手術適用や保存療法(手術以外)での治し方についてお話ししていきます。 〇手術は必要なのか 手術は、安静や鎮痛などの保存療法で症状が改善しない場合に行われます。過剰な骨である外脛骨を摘出する手術、外脛骨が不安定な場合には外脛骨と隣の舟状骨を固定する骨接合術やドリリング法などがあります。 多くの場合、手術で症状の改善がみられますが術後も、患部のでっぱりが残ってしまったり、軽度の疼痛が残存したり、偽関節と呼ばれる本来は存在しない関節ができてしまったりと全ての人が完治するわけではありません。 なので手術をしないと治らないということはなく痛みが強い場合は適応があるということです。 〇外脛骨・有痛性外脛骨の治し方 1.安静 有痛性外脛骨は安静にしていても改善に時間がかかるとされます。3~4ヶ月はかかる方が多く、またそれでも症状が改善しない場合もあります。半年から数年かかることも珍しくありません。 有痛性外脛骨の発生が多いのはスポーツ活動が活発な学生さんです。患部を安静に保つため長期間スポーツ活動から離れることは学生さんにとってとてもストレスになります。 2.根本的な原因を取り除く施術・ケア 前述の通り安静にしているだけだと改善に時間がかかる可能性があります。 そこで新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループの接骨院では有痛性外脛骨に対してスポーツ中のけがに特化したスポーツ外傷治療を行います! スポーツ外傷治療は有痛性外脛骨の原因となる筋肉の硬さや柔軟性の低下、骨格のアンバランスなど様々な視点から施術を行っていきます。また、ご自宅でのケアのためのセルフケアもお伝えすることで、症状を早期に改善させます! 最後になりますが、外脛骨・有痛性外脛骨は慢性化すると治療にも時間がかかってきますので、早めの診断、治療が重要になって来ます。 外脛骨・有痛性外脛骨はもちろん、ほかのスポーツのけがも当グループにお任せください! 〇外脛骨・有痛性外脛骨の関連ブログはこちら! ・外脛骨、有痛性外脛骨とは?症状は? ・外脛骨、有痛性外脛骨にサポーターやテーピングは有効なのか? 〇各院へのお問い合わせはこちらから! 【 中之口いのまた接骨院 】 〒950-1341 新潟県新潟市西蒲区4702番地 HPはこちら! TEL:025-375-2231 公式LINEはこちら! 営業時間 AM8:30~12:00 PM15:00~19:00 定休日:毎月第二日曜日 【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】 〒950-0971 新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6 HPはこちら! TEL:025-283-0100 公式LINEはこちら! 営業時間 AM:9:00~12:00 PM:15:00~20:00 定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日 【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】 〒950-2024 新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25 HPはこちら! TEL:025-234-0123 公式LINEはこちら! 営業時間 AM:9:00~12:00 PM:15:00~20:00 定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事