鵞足炎とは?症状は?治るの?

2021年07月24日

こんにちは!新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループ 柔道整復師の深口です!

今回は「鵞足炎」とは?というお話と

どのような症状が発症するのか、そしてどのような人がなりやすいのかお話ししていきます。

○鵞足炎とは

鵞足炎(がそくえん)は、野球やサッカーなどの「走る」競技で見られるスポーツ障害の一つです。鵞足(がそく)と呼ばれる、膝の内側の部分に、オーバーユース(使いすぎ)により慢性的な炎症が起こります。

鵞足とは太ももの内側から膝にかけてついている筋肉である「縫工筋(ほうこうきん)」「薄筋(はっきん)」、「半腱様筋(はんけんようきん)」の腱が膝の内側に付着しており、この形状が「ガチョウの足」に見えることから「鵞足」と呼ばれています。

○鵞足炎の主な症状

1.内側膝痛: 膝の内側で、特に膝関節の上部や下部で痛みを感じることがあります。ランニング中や階段の上り下りなどで痛みが増すことが一般的です。

2.腫れ: 炎症が進行すると、膝周囲に軽度な腫れが生じることがあります。

3.階段の昇り降りの困難: 膝の内側に痛みを感じるため、階段の昇り降りが難しくなることがあります。

4.朝や静止後の痛み: 休息していた後や朝起きた時に膝に痛みを感じることがあります。

○鵞足炎は、どのような人がなりやすいのか?

  1. ランニングやスポーツ活動: 長時間のランニングやスポーツ活動は、膝に負担をかけ、内側の組織に炎症が生じる可能性があります。
  2. 足のアーチや足部の構造: 足のアーチが平らであったり、他の構造的な問題がある場合、膝に追加の負担がかかりやすくなります。
  3. 筋力不足や不均衡: 膝周りの筋肉が不十分であるか、筋力のバランスが悪い場合、膝の安定性が低下し、内側の痛みが引き起こされる可能性があります。
  4. 適切でない靴の使用: 足に合わない靴や古くなった靴を使用することが、膝に負担をかけ、内側の痛みを引き起こす要因となります。

これらの要因は個々のランナー、一般の方によって異なりますが、総合的なケアや予防策を考慮することで、鵞足炎の発症リスクを低減することができます。

〇新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループの鵞足炎の処置とは?

当グループでは鵞足炎の症状を早く改善するため、当院独自のスポーツ治療を行っております。負傷状況をしっかりと聞き取り、患部をしっかりと確認しながら適切な処置を行い可能な限り再発が無いように施術させていただきます。

状態をしっかりと把握しサポーターやテーピングなどのアドバイスも行っております。

最後になりますが、鵞足炎は始め症状が軽度の為放置されがちですが、慢性化すると痛みが長期化することもあります。もしも鵞足炎になってしまったらしっかりと医療機関を受診しましょう!

〇『鵞足炎』関連ブログ

・鵞足炎にサポーターやテーピングは有効なのか?

・鵞足炎になってしまったときの対処法は?

〇各院へのお問い合わせはこちらから!

【 中之口いのまた接骨院 】

〒950-1341

新潟県新潟市西蒲区4702番地

HPはこちら!

TEL:025-375-2231

公式LINEはこちら!

営業時間

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

定休日:毎月第二日曜日

【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】

〒950-0971

新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6

HPはこちら!

TEL:025-283-0100

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】

〒950-2024

新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25

HPはこちら!

TEL:025-234-0123

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事