シンスプリントのサポーターやテーピングは有効なのか?

2023年12月22日

こんにちは!新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループ 柔道整復師の長谷川です!

今回は『シンスプリントにテーピングやサポーターは有効なのか』についてのお話です!

①シンスプリントに対してサポーターやテーピングは有効か

有効性はまずはシンスプリントの発生のメカニズムを理解しておく必要があります。

シンスプリント発生のメカニズムには諸説あり、はっきりしたことは明らかになっていません。主な発生要因としては、次のようなものが挙げられます。

・内的要因

オーバートレーニング

負担のかかりやすいランニングフォーム

衝撃を受けやすい足の形(扁平足、回内足)

下肢の筋力不足

下肢筋肉の柔軟性低下

・外的要因

硬いグランドや路面でのトレーニング

かかとがすり減っているシューズやクッションが薄いシューズの使用

これらを改善しなければサポーターやテーピングではあくまでその場しのぎになってしまいます。

ただ、サポーターやテーピングは一時的に症状が緩和することがあります。これらの補助具は、足やすねなどの骨格の動きをサポートし、運動時の負担を軽減することで痛みを和らげることが期待されます。しかし、重要なのはこれがあくまで症状の一時的な処置であるということです。

サポーターやテーピングは、運動時に特定の部位に安定感を与え、炎症や痛みの軽減できます。しかし、これらは根本的な原因からの改善ではなく、手技による施術や適切なセルフケアなどを組み合わせない限り、再発のリスクが高まります。

② 反対にサポーターやテーピングによるリスク

一方で、サポーターやテーピングにはいくつかのリスクが存在します。継続的な使用により筋肉がサポーターに依存し、自己治癒力が低下する可能性があります。また、正確な装着方法を誤ると、逆に不自然な負担をかけ、新たな問題を引き起こす可能性もあります。

重要なのは、これらの補助具があくまで一時的な処置であることを理解し、根本的な治療に重点を置くことです。手技によるアプローチや的確なアドバイス、セルフケアで症状の背後にある原因にアプローチすることが、持続的な改善へ繋がります。

いのラボグループではあなたのシンスプリントの原因を追求しアプローチしていきます。

シンスプリントでお困りの方はぜひいのラボグループへご相談ください。

〇『シンスプリント』関連ブログ

・シンスプリントとは?疲労骨折との鑑別

・シンスプリントの治し方と偏平足との関係性

〇各院へのお問い合わせはこちらから!

【 中之口いのまた接骨院 】

〒950-1341

新潟県新潟市西蒲区4702番地

HPはこちら!

TEL:025-375-2231

公式LINEはこちら!

営業時間

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

定休日:毎月第二日曜日

【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】

〒950-0971

新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6

HPはこちら!

TEL:025-283-0100

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】

〒950-2024

新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25

HPはこちら!

TEL:025-234-0123

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事