腸脛靭帯炎にサポーターやテーピングは有効なのか?

2023年12月22日

こんにちは新潟市西蒲区・西区・いのラボグループ柔道整復師の長谷川です!

今回は『腸脛靭帯炎にサポーターやテーピングは有効なのか』についてのお話です!

〇腸脛靭帯炎に対してサポーターやテーピングは有効なのか?

腸脛靭帯炎(ランナー膝)に対してサポーターやテーピングは、一時的な症状の緩和に効果がありますが、その効果は一時的なものに過ぎません。サポーターやテーピングは、腸脛靭帯に一時的な安定感を提供し、炎症の進行を抑え、一時的な快適さをもたらします。しかし、症状の根本的な解決を求めるならば、施術家による適切な施術が最も効果的です。

新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループではサポーターやテーピングはせず手技で改善を目指します。

専門家の手技やアプローチにより、症状の根本原因にアプローチし、持続的な改善が期待できます。サポーターやテーピングは一時しのぎであるため、症状が継続する場合や再発を防ぐためには、施術家による的確なアセスメントと施術が不可欠です。その際、症状の特定だけでなく、個々の生活環境や運動習慣も考慮されます。

例えば、身体の使い方の癖による、バランスの乱れと体幹から四肢にかけての連動性の低下や、スポーツを始めた際、正しい身体の使い方ではなく、間違った使い方が身についてしまうことが、多々あります。間違った身体の使い方をすることで、上達し辛く、また、ケガをしやすくなってしまうことも。また、身体の使い方の癖で、身体に歪みが生じることで連動性が低下し、パフォーマンスも低下してしまいます。

総合的な治療計画の一環として、施術家と協力し、適切なアプローチやセルフケアを見つけることが、腸脛靭帯炎の根本的な改善になります。さらに定期的な施術やアドバイスを受けることで、症状の改善が促進され、快適な日常生活が取り戻される可能性が高まります。

腸脛靭帯炎の根本的な改善はぜひ新潟市西蒲区・中央区・西区いのラボグループにお任せください。

〇『腸脛靭帯炎』関連ブログ

・腸脛靭帯炎とは?症状は?

・腸脛靭帯炎の治し方、ストレッチ方法は?

〇各院へのお問い合わせはこちらから!

【 中之口いのまた接骨院 】

〒950-1341

新潟県新潟市西蒲区4702番地

HPはこちら!

TEL:025-375-2231

公式LINEはこちら!

営業時間

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

定休日:毎月第二日曜日

【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】

〒950-0971

新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6

HPはこちら!

TEL:025-283-0100

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】

〒950-2024

新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25

HPはこちら!

TEL:025-234-0123

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事