ジャンパー膝にサポーターやテーピングは有効なのか?

2023年12月25日

こんにちは!新潟市西蒲区・中央区、西区いのラボグループ 柔道整復師の秋山です!

今回は『ジャンパー膝』に対するサポーターやテーピングの有用性についてお話ししていきます!

 

ジャンパー膝に対しサポーター・テーピングを施すことにはメリットとデメリットがあります。具体的な内容は下記にまとめてありますのでぜひご覧下さい。

 

【メリット】

1.痛みの軽減

サポーター・テーピングを装着することで痛みを軽減し、日常の活動での負担を軽減する可能性があります。

 

2.痛みの原因となっている筋肉のサポート

サポーター・テーピングにより痛みの原因となっている筋肉をサポートすることで、痛みを和らげる可能性があります。

 

3.炎症の軽減

適切に施されたテーピングは、炎症を軽減する可能性があります。

 

【デメリット】

1.一時的な効果しか望めない

サポーター・テーピングは一時的な解決策であり、根本的な問題の治療にはなりません。

 

2.運動制限

サポーターを運動時に使用することで、一部の動きを制限する可能性があり、これが運動の範囲や柔軟性に影響を与える可能性があります。

 

3.皮膚刺激

テーピングが誤って施されると、皮膚刺激やアレルギー反応が引き起こされる可能性があります。

 

4.依存性による筋力等の低下

サポーター・テーピングは長期間で使用してしまうと筋肉が依存してしまい、本来のサポート機能が低下する可能性があります。

 

〇まとめ

 

サポーター・テーピングには様々なメリットとデメリットが存在しますが、痛みの緩和自体は一時的なものでしかなく、頼り続けてしまうと症状の改善までに時間がかかってしまったり、筋力等が低下することで日常生活やスポーツパフォーマンスにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

〇当院での施術方法

当院では基本的にサポーター・テーピングによる施しはいたしません。スポーツ外傷に特化したスポーツ施術コースがあり、ご自宅でも患者様、自身に行っていただくセルフケア等のご指導をさせていただきます。

 

当院では患者様一人一人にしっかりと問診を行い、抱える体の痛み・悩みを細かく把握した上で、的確に施術を行い早期に痛みを取り除くことに努めます。

 

その他、姿勢改善や成長痛、産後骨盤矯正など何か少しでも身体に痛みや違和感を感じた時はお気軽に中之口いのまた接骨院にご相談ください!

 

〇ジャンパー膝関連ブログはこちら!

・ジャンパー膝とは?治し方は?

・ジャンパ膝にストレッチやマッサージは有効なのか?

 

 

 

〇各院へのお問い合わせはこちらから!

【 中之口いのまた接骨院 】

〒950-1341

新潟県新潟市西蒲区4702番地

HPはこちら!

TEL:025-375-2231

公式LINEはこちら!

営業時間

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

定休日:毎月第二日曜日

【 はり灸接骨院いのラボ近江院 】

〒950-0971

新潟県新潟市中央区近江3丁目32-6

HPはこちら!

TEL:025-283-0100

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

【 はり灸接骨院いのラボ小新院 】

〒950-2024

新潟県新潟市西区小新西2丁目20-25

HPはこちら!

TEL:025-234-0123

公式LINEはこちら!

営業時間

AM:9:00~12:00

PM:15:00~20:00

定休日:毎週木曜PM、日曜日、祝日

執筆者:柔道整復師
いのラボ接骨院グループ 代表
猪股真澄(治療家歴18年)

いのラボ接骨院グループ 代表 猪股真澄

関連記事